(ノ=゚д゚=)ノミ■ < ファイタースーツ~!!登録閲覧者:0人 / 未登録閲覧者:29人 / 登録者:2225
「ドラえもん秘密道具データベース」へようこそ
このサイトは、ドラえもんの道具について詳しく解説しています。
また、登録(無料)するとランキング付きドラえもんクイズに挑戦できたり、
ドラえもん好きのみんなとメッセージ交換ができます。
アカウントパスワード自動ログイン忘れた場合はこちら
トップページ
=== てんとう虫コミックス 42巻:深海潜水艇たった二百円!! ===更新日17/10/15 21:14道具検索
ドラえもん
道具データベース
ドラえもんクイズ
道具打鍵トレーニング
メンバー
ユーザ登録
ランキング
ドラえもんクイズ
ドラえもん打トレ
その他
デイリーランク
情報提供
お問い合わせ
サイト
掲示板
チャット(0人在室)
リンク

全表示名前種類タグ漫画映画画像更新順位入力規約


てんとう虫コミックス(42巻:深海潜水艇たった二百円!!)

登録数: 5個

タイムマシン
サイズ
大分類
小分類
西暦2008年に発明。のび太の部屋の机のひき出しの中にある。過去や未来へ自由に行く事ができる時間移動と、場所も自由に移動できる空間移動のふたつの機能が付いた乗り物。年代選択ボタンで行きたい時代を選ぶ。すると、タイムセンサーが動きだして目的地を確認。コックピットの右の発進レバーを手前に引くと発進、左のスピードレバーを押すとスピードアップする。空間移動機能が故障すると、出発した地点(のび太の家の机のひき出しと重なる位置)へ置かなければ時間移動できなくなる。大長編「のび太の恐竜」では、ドラえもんとのび太達5人乗って定員オーバーとなり、墜落して故障したことがある(現在は全員乗ることが可能)。大長編「のび太とパラレル西遊記」では音声制御装置が付き、スピーカーに向かって年代と目的地や歴史上の人物名を言えば、自動的に連れて行ってくれた。その後、映画「のび太とロボット王国」では大幅に改造して時空間ナビが付き、ある人物や物などの年代もしくは次元に直接向かえるようになっている。ドラミが保有するものは『時空間チューリップ号』。魔法のじゅうたん型の大きさは長さ2.2m、高さ1.28m、幅1.6m、重量は538kg。中古品のためエンジンの始動に多少時間がかかる。故障して制御不能に陥ったタイムマシンに『なんでも操縦機』を取り付けて操縦した事もある。車と同じように鍵がないと動かない。歴史には勢いがあり、歴史を変えようと思っても簡単には変えられないらしい。
[タグ] 定番 時間
コミックス登場
112回 (詳細)
映画登場
10回 (詳細)
みんなのコメント
・左のスピードレバーを押すとスピードアップ!!!。 (ヤグすけ)
・今年2008年だけど発明されたらいいよなあ (ブラック)

[更新日] 2012-05-12 01:18:20

深海潜水艇ペーパークラフト
サイズ
-
大分類
小分類
深海探検の気分を味わうだけの200円のペーパークラフト。本物はデラックスタイプで110033円、一番安い普及型で50015円する。ハサミで切り抜いて『瞬間接着強力のり』で繋ぎ合わせると潜水艇が完成する。紙なので海には潜れないが、中に入ると幻視フィルターによって外の景色が深海に見え、風船が赤いクラゲに見えたり、人の場合その人に似た魚に見えたりする。現実の建物を突き抜ける事もできる。
映画登場
- データなし -

[更新日] 2006-07-11 03:12:48

サイズ
-
大分類
小分類
ペーパークラフトなどに使うのり。
映画登場
- データなし -

[更新日] 2006-07-11 03:00:08

スモールライト
サイズ
-
大分類
小分類
このライトの光を浴びせると、どんな物でも小さくなる。縮小スイッチと、元の大きさに戻すことができる復元スイッチが付いているが、逆の効果を持つ『ビッグライト』で元の大きさに戻す事が多い。電源は普通の1.5Vアルカリ電池を2本使用。たった3Vの電圧でエネルギー転換装置が作動し、電気を縮小ビームに変える。効力には時間制限があり、いったん小さくした物も時間が経つと元の大きさに戻る。
[タグ] 定番 電池
コミックス登場
26回 (詳細)
映画登場
9回 (詳細)
みんなのコメント
・小さくする時は、小さくなる大きさが一定のガリバートンネルのほうが便利。 (ウマロ)

[更新日] 2012-04-07 01:23:48

タケコプター
サイズ
-
大分類
小分類
気軽に空を飛ぶ事が出来る道具。体のどこにでも取り付けられる。吸着の方法には万能吸着盤とけん引ビームの2種類がある。超小型の電池を内蔵。時速80kmで連続8時間の運転が可能。休み休み飛ぶと、電池も長持ちする。頭に付けてスイッチを入れると、反重力ボードと呼ばれるプロペラが回りだし、反重力場が体の周りにでき、地球の重力を遮断して浮上する。方向やスピードを思い浮かべるだけで、脳波がコンピューターに伝わり、プロペラの回る速度が変わっていく。その回転速度の変化によって重力場の方向が移動して、前後・左右・上下と自由自在に飛ぶ事が出来る。連載初期は「ヘリトンボ」と名付けられていたが、2度目のアニメ化の際、呼びにくいという事でこの名前へ改名された。
[タグ] 定番 電池
コミックス登場
284回 (詳細)
映画登場
22回 (詳細)
みんなのコメント
・あれ。アニメやまんがで所々にスイッチ押さなくても起動してる描写があるんだが、、、 (凡人の霊夢)
・充電式?それとも電池式? (フエール銀行)
・のびたとかって頭につけて痛くないのかなー? (のびートルズ)
・プロペラに増風ボードも付いているんじゃないの?例として「のび太と恐竜2006」ではタケコプターのプロペラが回り始めたとき砂が舞い上がったじゃん。 (ウマロ)
・デザインじゃないの。 ()

[更新日] 2012-04-10 22:33:36
28,924,557
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
HP Design v5.1 - Copyright (c) 2000-2015 clammbon